成田屋根工事

スーパーガルテクトへ葺き替え

スーパーガルテクトへ葺き替え

先日投稿させて頂いた工事の続編でスーパーガルテクトへの葺き替え屋根に
【棟包み板金】と【雨押え板金】を取り付けていきます✨

貫板の留め付けが終わったら、棟包み板金を取り付けて行きます🫡まずは隅棟の先端には剣先が取り付けられます。刀剣の先端のような形状から、役物の名称としてこう名付けられています!


・剣先イカ・ネクタイの先端・先が尖ったシャベルを剣スコと言います🤔その他にも刀剣形状から剣先と呼ばれるものは多くあるみたいです✨棟包み板金にビスを打つ位置は、板金の垂直面です。貫板に対し水平に近い水準でパッキン付きの板金ビスを打ち込みます🙌板金の垂直面でビス固定することは、水平面と比べて、ビスの隙間から雨水が入りにくくなります。

続いては【雨押え板金】を取り付けていきます!
雨押え板金(あまおさえばんきん)とは、屋根と外壁の取り合いの壁際に取り付ける板金部材です。
「壁押さえ板金」もしくは「雨押え水切り」と呼ぶ方もいます👐雨押え板金は、2階建てにおける1階の屋根と外壁の接合する箇所に取り付けます❗️外壁から伝って落ちてきた雨水が外壁内部に入らないように止水保護をするための板金です。屋根と外壁が取り合う壁際は、雨水が外壁内部に入りやすいです😱一つ一つの工程が大切意味があり、大切な役割があるのがわかりますね🙆✨

成田屋根工事店では、現地調査を行った際に、お客様に最適なプランを提案させて頂いております。その中で、屋根の劣化具合やお客様とお家の将来の為に、屋根の葺き替え工事も提案させて頂いております。無理見積もりも、行っておりますのでお気軽にお問合せ下さい♪お待ちしております🙇

Copyright (C) 成田屋根工事店 All Rights Reserved